2010年09月06日

会社とはどういうところか?改めて考えてみる

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

先日驚いたことがありました。驚いたと言うか驚愕したの方が表現がぴったりがく〜(落胆した顔)
改めて、シンプルな会社の仕組みを見直してみましょうーパンチ

就職活動情報はこちらから

驚いたこととは、知り合いの会社さんの話ですが、社長に怒られて次の日から会社に来なくなってしまった方がいるとのこと。
うーん、よくあることですねがく〜(落胆した顔)
なので、私もそれだけでは驚きません。
驚いた理由は、その方が私よりもずーーーーっとベテランの働く女性であったこと、
お客様を大勢持ち、会社を成り立たせる大事な役割を持っていること、
そして、怒られた内容というのが私には「怒られてないようひらめき」に見えた、ことです。

皆さんも、会社にはいればお客様を持ちます。
一番わかりやすいのは営業職ですが、お客様とは会社で働いている時に関わる全ての人、だと思った方が良いです。
つまり、開発職でも、ものづくりはひとりでは出来ませんし、事務職だって誰のために事務をやっているかと思えばよくわかりますね。
物を買ってくれる人だけがお客様ではないのです。

でも、その全ての力が合わさってお客様に商品を提供できる状態になります。
つまり、会社に利益をもたらすのです。
だから、一人でも抜けたら困るわけです。
まずは、仕事が回らないから?
もちろんその通りです。
休んでいる人が担当しているお客様はどうしたらいいのでしょう?
必要だから、会社にお金を払ってサービスを受けているのに、勝手に休まれたら困っちゃいますよね。
「あの、お金払ってるんですけど……」って思ってしまいますよねもうやだ〜(悲しい顔)


それから、一緒に働く人に迷惑をかけます。
ひとりひとりの業務量が増えるだけではありません。
組織のモチベーションに大きな影響を与えるんですよね。

仕事はいつも、明るく元気にやりたいものですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
何のために働くのか、「私しか出来ない価値創造をお客様に提供するため」と大きな声で言えるようになれば
仕事は絶対に楽しいし、「ああ社会に必要とされてるなー」と実感できるはずでするんるん

これはおまけですが
posted by aya at 09:55| Comment(0) | ドキッと自分を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

卒業後3年は新卒にしたら、就職活動はどうなる。

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

9月になりました晴れぴかぴか(新しい)
今年もあと四カ月…と思うとびっくりですね。
秋採用も頑張りましょうるんるん

就職活動情報はこちらから

「新卒を、卒業後3年目まで」なんて考え方が一般化されたらどうしましょう。
卒業後3年とは、つい先日の私です。笑(私は今社会人4年目)
うーん、私がどうこうということではなくて、社会人3年目と1年目の能力は大きすぎるほど差があります。
この時間の差を果たしてひとくくりにすべきなのか。

答えは絶対にNOですexclamation×2

まず、卒業後3年間、どのように生計をたてていくんでしょうか?
これではまた「働かないという選択肢」を助長するだけです。
では、卒業後3年の25歳の新卒の入社が一般化したとしましょう。
会社という組織には、目に見えない大きな問題が起き始めるはずです。
皆さんも「ゆとり入社ゆとり入社」と言われて嫌な思いをしていませんか?
これのもっと、大きな問題が起きるはずです。
皆さんにわかりやすい例えば給与制度、例えば昇進制度、目に見えるものだってこんなにありますね。


とても不思議なんですが、やってみる前に一方的に選ぶとも不思議です。
これを国バックアップすることがとても不思議ですもうやだ〜(悲しい顔)
私には、生まれる前に赤ちゃんがお腹の中で「やっぱり社会は怖そうだから生まれなくていいや」という選択肢を持ってるように見えます。

でも社会は楽しいところです。
もちろん、どんどん変わってついていくのに精一杯です。
でも、決して高学歴でも、優良企業に入社したわけでも、たくさんお給料をもらった経験があるわけでもない(給料がカットされた経験やボーナスをもらってない経験はありますが。笑)私だって、とても楽しく社会人やってますよ。

卒業したら絶対に会社に入るべきです。
見える世界が違うと、生きる世界も違う、つまり、人生が楽しくなりますよわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
posted by aya at 11:25| Comment(4) | ドキッと自分を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

就職活動におけるチャンスとは何か?

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

あ、ツイッター慣れてきました。笑
良かったらフォローしてくださいねぴかぴか(新しい)
こちらは教員採用について書いてるはずが、なんかだらだらと仕事の場面を書いてますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

就職活動情報はこちらから


最近の私のキーワードは「チャンス」exclamation×2
チャンスについて考える機会が多くありました。実は普段自分から「ああこれはチャンスだなあ」と思うことはあまりないんですが
おそらくそれはいつもチャンスを意識せずに捕まえられてるのかなとも思ったり。
いや、意識してないってことは逃げているチャンスもあるのかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)

学生さんを見ていると「これはチャンスなのにな〜なんで逃すんだろう」と思うことが多々あります。
例えば仕事選び。
「この仕事は自分に向いてなさそうだから面接受けるの辞めます」、「説明会行くの辞めます」
そんなお話をよく聞きますが…残念ながら就職活動においては向いているかいないかを判断するのは相手ですがく〜(落胆した顔)

まだやったことのない仕事を決めつけるのはもったいないですよね。
行ってみてから決めればいいのですふらふら
チャンスにはどん欲に、欲張りでいたいな〜といつも思いますわーい(嬉しい顔)


posted by aya at 09:43| Comment(0) | ドキッと自分を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。