2010年04月28日

大学の就職センターの秘密

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

なかなか更新ができなくてごめんなさい

mixiボイスで実況中継していますが、大学のキャリアセンターをまわっていますわーい(嬉しい顔)

就職活動情報はこちらから


大抵の学校は快く受け入れてくれます。
就職活動に有益な情報はすぐに学生の皆さんに掲示したりメールをしてくださいます。

でも、正直就職センターが機能していない大学もあります。
担当者の仕事分担ではないということで、学生に発信することをしなかったり、
求人票を受け付けない就職センターもあるんです。

私のように、いろいろな大学をまわっていると大学ごとの差が大きくて驚きます。


ある大学では、「求人票の文言が受け入れられない」とのことで
求人票を返されてしまいました……

超優良求人だっただけに、その大学の皆さんには本当にかわいそうです…。


窓口担当者がそんなことを判断して良いのでしょうか…?


皆さん、就職センターを活用してくださいねexclamation×2
サービスが物足りなければ、その就職センターはあまり機能していないかもしれません。

そしたら、連絡をください(笑)
情報の探し方、動き方を勉強しましょうぴかぴか(新しい)

ちなみに私は大学時代、就職センターを一度も利用したことがない駄目な学生でした…。
posted by aya at 13:11| Comment(0) | 情報の探し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

私に合う会社、の探し方

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

社長の言うことに心から共感できない。
であれば、その会社は受けるべきではないと思います。
お互いに不幸です。
会社選び、迷い始めた方もいるんじゃないですか〜?あせあせ(飛び散る汗)

就職活動情報はこちらから


「私に合う会社を幅広く探しています」

というお話をよく聞きますが、「私に合う」会社の基準って何でしょう?

・誰もが知ってる有名な会社exclamation&question
・社員の皆さんと気が合いそうな会社exclamation&question
・福利厚生・お給料が良い会社exclamation&question
・なんとなく、スーツを着て土日休みのかっこよさそうな会社exclamation&question


私はよく、経営者の方が昨今の学生について思うことを聞く機会があるのですが
なんか大きく見当違いで驚くことが多いです。
今の学生はダメだ、自己研鑽が足りない、甘えている、頭が悪い(ひどい…)、
だからそんな学生たちに喝を入れてやるexclamation×2
その一方で、人事は集客のミッションがあるから学生はお客様扱い。
時間に遅れてもOK,履歴書忘れてもOK、茶髪もOKexclamation×2


そんなお話をよく聞きますが、私は、今の学生に別に罪はないと思うんですよね。
これじゃあ学生は混乱します。

私も社会人一年目の頃、お前は本当にバカだみたいによく言われたので
だいぶ精神的に参っていました。
どうして決めつけてしまうんでしょうか?

「今の学生はこうだから、こうしないといけない」とあたかも使命のように話す経営者が多いですが
本当の仕事はそこではないですよね。
この社会のシステムが、「今の学生」を生み出してしまったのであれば
社会を再生することこそ、仕事なのに。。
シュガー社員を取り扱う方法なんて表面的な対処法は本当に失礼です。
私は、シュガーバブル世代の方が多いように思ってますけどわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)


失敗は許されない、圧迫された時代に生きる今の若い人が、挑戦しないことを選択するのは当然です。
でもビジネスを生み出すために、顧客には一瞬だけ、甘い社会が創造されています。
上記の説明会と社長面接なんてまさにその通り。


「学生をなんとか叱ってやらねば」と怒鳴る社長は、社員に充分なお給料や退職金を出していないことが多いです。
「いまどき退職金なんてもらう方が甘いだろう」なんておっしゃいますが、
あなた自身が会社辞めた時はexclamation&questionなんてあきれちゃいますよね…。


将来に希望を見出せないのであれば、若い人がより自分の世界だけで生きようとするのは当然だと思うのですが。。
posted by aya at 09:23| Comment(0) | ドキッと自分を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

この時期、人事の空白

こんにちは、ayaです。
就職活動のお問い合わせはこちらからお願いしますかわいい

来春の新卒採用は、ほんの少しだけ回復傾向にあるとか。
特に理工系は4%程アップするそうです。
理工系学部はもともと非常に市場価値・専門性が高いグループです。
4%アップしたから就職は大丈夫……exclamationなんて、安心はできませんよね。


就職活動情報はこちらから

売り手市場の頃も同様でしたが、「学生の二極化」が言われるようになりました。
私も現場で学生さんを見ていて、これは間違いなく本当だと思います。
内定を持っている学生は、数社の内定を持っています。
(しかも全然違う業界・職種だったりしますがく〜(落胆した顔)
しかし、最後まで内定がない学生も大勢います。
どんな業界・職種を受験しても、です。

つまり、「この学生を採用したい」と思われる人物像が一致してきているのです。
理由はひとつに、就職活動がマニュアル化しすぎたようにも思われます。

最近は、四月を超えても学生さんは焦りませんね。
就職活動が長期化することがわかっているんでしょうし、
じっくり自分に合うところを探したいと思っているんだと思います。


でも一度ここで、見直すべきポイント。
わざとらしいくらい大きな声・笑顔・挨拶・相槌・そしてテキパキした動作。

これがひとつでも抜けたなら、「採用したい学生の人物像」から一瞬にして外れてます。
つまり、面接している時間に意味がなくなるのです。
第一印象が大事と言いますが、中身は上記です。

このタイミングは採用する人事側にとっても、良い学生をもう一度探す期間です。
初心に返って頑張りましょうぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)
posted by aya at 09:21| Comment(0) | 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。